コーヒーの木移植

0
    ついにコーヒーの木 本日移植 
    加美SORAガーデンの施工をして頂いた
    田中造園土木の若い職人さん達に来て頂きました。
    赤い服が中川さん。水色の服が川谷さん。二人共地下足袋がかっこいい。

    尺鉢
    33僂裡隠姐翦に植替します。
    10号鉢は通称尺鉢と言うそうです。一尺だから。

    堀取り
    スコップで掘ると白いねがびっしり

    植えて約1ヶ月。随分大きくなっている。
    あの鉢に入るかしら。

    定植
    何とか入りました。
    水で押さえて空気の隙間をなくし、鉢揚げ完了。

    今度はカフェ「サリュ」の入口で迎えてくれます。
    色々気をもみましたが落ち着く場所ができて良かった。

    二人はオープンに向けて工事看板を外し、養生ベニヤも外し綺麗にして
    帰って行きました。

    いよいよ明後日オープン。






    コーヒーのスペシャリスト登場

    0
      カフェ「サリュ」に焙煎の件で島野珈琲株式会社
      の島野さんが来られました。
      島野珈琲株式会社はこだわりの焙煎で有名です。焙煎だけでなく
      各国の産地にも視察に行かているコーヒーのスペシャリストです。

      これはコーヒーの木について詳しく聞ける
      ひょっとして屋外で育てる方法をご存じかも...と甘い考え。

      しかしやはり屋外は無理。
      沖縄の宮古島の栽培農園でさえ温室だそうです。

      『ぐんぐん新芽の出ているうちに鉢に移した方がいいよ』
      とのアドバイス。
      コーヒー新芽
      早めに移してやらないと。

      所で、植え付けた時に実っていたコーヒー豆
      コーヒーチェリー
      現地ではこれを“コーヒーチェリー”と呼ぶそうです。
      サクランボに似ているからです。
      ほのかに甘い果肉。

      写真は植え付け当時の物ですが、今は茶色。
      『もう収穫時期だから収穫して蒔いたら芽が出るよ』との事。
      輸入豆はこの薄皮(パーチメントと言うそうです)が無いから発芽しない
      そうです。
      コーヒーの種
      薄皮見えますか?
      これは見慣れたコーヒー豆ではなく
      コーヒーの種 かなり感激。


      発芽したら育てていつか加美産コーヒーができないかしら。
      夢はふくらみます

      あ、早く移植用の鉢を買ってこなくっちゃ。










      ガーデンブログ開設しました

      0
        今日からホームページとガーデンブログ開設です

        あらためて宜しくお願いいたします。

        先日作成したハーブガーデンのサインが仕上がって届けてもらいました。
        手作り感満載のサインですが....

        早速芝生の間に設置。
        ハーブサイン設置

        これがなかなかの重労働。芝生の根が張ってて思うように切れません。
        灌水して柔らかくなってるはずなのですが...。

        芝生マジック

        2時間以上かかってなんとか設置(かかりすぎやん
        でもなんかそれなりに見えますね。

        芝生マジック?でしょうか

        蓄光ガラス

        蓄光ガラスを入れてみました。誰か気が付くかな?





        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << April 2018 >>

        ホームページはコチラ↓

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        書いた記事数:1054 最後に更新した日:2018/04/20

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM